マナラ製品でできる!過酷な夏にオススメのスキンケア方法

肌にとって過酷な季節がやってくる

こんにちは。MANARA with編集長の河村です。

とうとう6月に入り、晴れの日はジリジリとした暑さを感じ始めましたね。

実は肌にとって、夏はすごく過酷な環境なんです。

☑紫外線が強くなる

☑汗をたくさんかくことで水分が抜けていく

☑冷房により肌が乾燥する

夏の終わりに、肌のゴワつきを感じる方は多くいらっしゃいます。

それは、肌が夏に一気にダメージを受けるから。

これを、「夏老け」といいます。

そんな夏のダメージを受けた肌に、マナラがオススメするケアを

ご紹介いたします!

ただ肌にのせるだけではダメ!?徹底保湿ケアが肝要!

夏は肌にとって過酷なシーズンなのですが、

冬ほど「乾燥」を感じません。

しかし!紫外線や冷房により、実は乾燥が進んでいるため

毎日の保湿ケアがとっても重要です。

マナラでおすすめする毎日の保湿ケアは、

<オンリーエッセンス>のノーマルタイプ。

とっても手軽なオールインワンタイプの美容液です!

ただ・・・

ぜひ<オンリーエッセンス>を肌につけるときに

意識をしていただきたいことがあります。

これは、マナラ製品に限らず、どんな化粧品であってもそうなのですが、

「ただ肌の上にのせているだけ」ではあまり意味がありません!

かつて私が新入社員だったころ、

先輩から製品研修で言われた格言がこちら。

「スキンケアは、1滴残らず肌に入れ込むつもりでつけるべし」

ということで、皆様もぜひ、やさしく手のひらで包み込むようにハンドプレスをして、

肌をいたわるように、<オンリーエッセンス>を入れ込んでみてください。

目安は、肌の上でゲルが滑るような感じがなくなり、

ペタペタと肌が手に吸いつくような感覚になれば、しっかり保湿されているサインです♪

とくにダメージを感じる方には「ローションパック」がおすすめ

皆様、マナラの化粧水<ディープナノローション>をご存知でしょうか?

オールインワン美容液の<オンリーエッセンス>をお持ちの方も多いと思いますが、

実は<ディープナノローション>も人気の製品なのです。

その<ディープナノローション>を使った、スペシャルケア方法です。

☑外にいる時間が長く、紫外線ダメージの大きい方

☑汗をたくさんかき、肌の乾燥をより感じる方

におすすめです。

ローションパックの方法をご紹介します!

こちらの動画で、わかりやすく解説しています。

動画が見れない方は、以下の写真で手順をご確認ください。

①<ディープナノローション>とコットンを用意します。

②コットンを水で濡らし、両手で挟むようにして軽く水を切ります。

③コットンを真ん中から開いて2枚にします。

④コットンに<ディープナノローション>を3~4プッシュずつ出し、まんべんなく化粧水を含ませます。

⑤そのあと、コットン同士をなじませます。

⑥コットンを左右に引っ張って伸ばしながら、肌に密着させるようにのせます。

⑦反対側の頬も同じように肌にのせます。

⑧気になる部位が他にもあれば、同じように<ディープナノローション>を含ませたコットンを肌にのせ、3分程度パックします。

⑨マナラの<オンリーエッセンス>や<プレミアムクリーム>、またはお手持ちの乳液やクリーム等で保湿を行なって下さい。

いかがでしたでしょうか?

肌の調子がいい状態で

夏を乗り越えていただけるように願いを込めて記事をお書きしました。

ぜひ、過酷な夏のスキンケアのご参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

go to TOP