コットンマスター佐野が熱弁!マナラ オーガニックフェイスコットンのココが良い!

稀有な存在、コットンマスター

こんにちは。

MANARA with編集長の河村です!

今日は、最近マナラ化粧品に入社した販促部の佐野が、

どうしても読者の皆様にお伝えしたいことがあるということで、

佐野と製品開発部の佐々木美絵と私の対談形式でお送りします。

題して

コットンマスター佐野が熱弁!

マナラ オーガニックフェイスコットンのココが良い!

河村「佐野さん、美絵さん、よろしくお願い致します」

佐野&佐々木「よろしくお願い致します」

河村「これまで、何度か『社員のイチオシ!~●●~』っていうコーナーをやってるんですけど、いまだかつて、オーガニックフェイスコットンに着目した社員って、いなかったんですよ」

佐野「そうなんですか?」

河村「佐野さんから『オーガニックフェイスコットンについて語りたい』と言われてから、一応調べてみたんですけど、オーガニックフェイスコットンって、地味に人気なんですよね」

佐野「やっぱり!!お客様にも良さがご理解頂けているんですかね!」

佐々木「会報誌でも、あんまり目立ってなくて(笑)後ろのページにしか載ってないんですけど、年間で1万個以上ご注文頂いてるという製品なんです」

佐野「根強いリピーターの方がいらっしゃるのかもしれません!」

河村「そもそも、佐野さんはどうしてコットンに詳しくなったんですか?」

佐野「実は、マナラに入社する前、 指先が荒れていて、顔の細かい部分に化粧水やクリームがつけられなかったんです。そこで、とある会社の美容部員さんからコットンで塗ることをオススメされました。それからというもの、今まで10種類以上コットンを使ってきましたね。コットンの比較サイトのトップ10くらいは全部使いました。」

河村「コットンの比較サイトがあるんですか!?」

佐野「そうなんですよ!笑 コットンオタクだったので、ドラッグストアから百貨店のものまで使ってみたのですが・・・しっくりくるコットンに出会えませんでした」

佐々木「美容部員って、良質なコットンにふれる機会が多いんです。私も、良いコットンを使っていたんですが、初めてドラッグストアや百均で売っているものを使った時、『世の中の普通のコットンってこれなの!?』と驚きました」

コットンマスター直伝、良いコットンの条件とは

河村「コットンマスターの佐野さんから見て、良質なコットンの条件ってなんですか?」

佐野「そうですね、3つあるんですが・・・

①吸水の具合

②毛羽立たず、耐久性がきちんとあること

③サイズ感がちょうど良いこと

ですね」

河村「へ~~~!」

佐々木「すごい!なかなかここまでコットンに着目する人はいないと思います」

佐野「まず、吸水の具合ですが、吸水しすぎると、コットンの中に化粧水が入りすぎてしまって、肌に化粧水がのらないんです。逆に吸水力が悪いと、びしゃびしゃになって使いづらいんですよね。マナラのコットンは、この吸水具合が、抜群にちょうど良いのです」

佐々木「嬉しい!そこ、実はかなりこだわってます!

美容業界用語では、『コットンの液もどり』って言うんですよ~」

河村&佐野「コットンの液もどり!?」

佐々木「そう!吸水はもちろん、吸水した水分をちゃんと肌に戻すことを『液戻り』と言います。液戻りが悪いコットンだと、大切な水分がコットンに吸われたままになってしまいます」

河村「そうなんですね~~~!コットンにそこまで違いがあるなんて・・・

佐野さん、他にはどういうポイントがあるんですか?」

佐野「毛羽立たない&崩れないことです!とくに、モイストウォッシュゲルを拭き取る時に実感するのですが、マナラのコットンは毛羽立たないし、崩れない!」

佐々木「肌当たりの良さと毛羽立たなさは、コットンをつくる上で、とってもこだわりました」

佐野「やっぱり!!あと最後は、サイズ感ですね!小さすぎたり、大きすぎたりするとすごく拭きづらい。マナラのコットンは、指でしっかり挟めるベストサイズになっていて、使いやすいです」

佐々木「そうなんです!サイズも大事なんですよね!コットンやスポンジのようなアイテム系は、使いやすさが命!サイズは使いやすさに大きく影響するんです」

佐野「ほかにも、細かいですが、好きポイントが色々あります。真ん中から割きやすいとか、1枚1枚しっかりしてるのに柔らかいとか・・・」

河村「たしかに肌当たりが良いですね」

河村「ここまでの話を聞くと、かなり質にこだわっていると・・・その分コスパとしてはどうなんですかね?60枚入って、550円って、コットンの相場としては高いんでしょうか?」

佐野「コスパはとっても良いです!60枚550円って、一見高く見えるんですけど、拭き取るときも、1枚でしっかり拭き取れるので、無駄に何枚も使わずに済みます。あと、1枚を2つに分割できるので、コットンパックなども実は1枚でできちゃいます」

佐々木「そう!厚みがあるので、ネイルも実は1枚で結構落とせます!」

佐野「私は、モイストウォッシュゲルとコットンで顔を拭き取ったあと、手や首、ヒジなども全部1枚のコットンで拭いてしまいます(笑)」

河村「なるほど、耐久性があると使う量が少なくて済むから、逆にコスパが良いんですね。佐野さんのマナラのコットンへの愛と、佐々木さんの美容部員としての開発のこだわりが伝わってきて、なんだかコットンが愛おしくなってきました」

一同「良い子だね~~~~!(スリスリ)」

皆様、いかがでしたでしょうか。

あまり目立たない地味な製品のコットンですが、実はとってもこだわりをもって作られていることに、私も驚きました!

ぜひ一度、マナラのオーガニックフェイスコットンをお試しいただければと思います!

オーガニックフェイスコットンのご購入はこちら

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

go to TOP