【大人気スタイリスト直伝!】簡単おしゃれな、ストール・マフラーの巻き方

カリスマスタイリスト直伝

こんにちは!MANARA with編集部です!

最近、外が寒くなってきて、本格的に冬の到来を感じるこの時期。

そんな寒い季節に活躍するアイテムといえば、ストールやマフラーですよね?


今回は雑誌で大活躍のカリスマスタイリスト、川田 亜貴子(かわだ あきこ)さんに、

「簡単だけどおしゃれ映え」するストールやマフラーの巻き方を教えていただきました。

川田 亜貴子(かわだ あきこ):プロフィール

ファッション誌、TV、広告、イベントでのスタイリングおよびオリジナルブランド「akiko kawada」のプロデュースも行うトップスタイリスト。読者やモデルから「川田師匠」の呼び名で慕われ、大人の女性ならではの上品カジュアルな着こなしやエッジを効かせたスタイリングを得意とする。コーディネートブック『大人のパンツスタイル塾』は初版から即完売。2019年には台湾でも発売。

見た目美人度、3割増しを実現!

ストールやマフラーの巻き方って、パターン化してしまいますよね…。

いつも同じような印象になってしまうという方も多いのではないでしょうか?



そんな想いもこの記事で解決✨

今回はだれでも持っているような一般的なマフラーを使って、

「見た目美人度、3割増し」を実現します(^^)



使用アイテム↓

ストール(たて140㎝×よこ140㎝)

マフラー(たて29.5㎝×よこ164㎝)

マフラー2色(たて32㎝×よこ154㎝)

川田師匠のワザあり術【ストール編】

ストール編に挑戦するのは、

製品開発部の向井 亜矢子(むかい あやこ)

いつもの巻き方:洋服のワンポイントに

簡単4STEP

①正方形のストールを三角形にし、首にかけます。

②首にかけたストールの腰の位置あたりの両端をつまみ、

ひと結びをし、首元まで思いっきり引っ張ります。

③引っ張った両端をもう一度結びます。

④完成です!

\POINT/

角をもつことを意識すると、キレイに仕上がりますよ。

向井コメント:雑誌でよく見ていた川田師匠から直々に教えていただき、感激しました。

また、こんなに簡単でおしゃれになる巻き方があることにも感動。

この冬は、この巻き方で女子力アップを狙います(笑)

川田師匠のワザあり術【マフラー編】

マフラー編に挑戦するのは、

リテール販売事業部の佐藤 優美(さとう ゆみ)

いつもの巻き方:おしゃれより防寒重視

簡単3STEP

①マフラーの片側の角をもち、首にかけ、結び目をつくります。

結び目をつくってから首にかけても大丈夫です。

②結び目のない方の角をもち、結び目の下を通して、

結び目の中に入れ、下に引っ張ります。

結び目のフリンジをととのえます。

ネクタイをするようなイメージで、首元まで引っ張ります。

③フリンジを整えて…完成です!

おしゃれも防寒もバッチリ!マフラー2本使いの応用編!

寒い日などはマフラー2本使いもおすすめです!

色違いで使用すると、仕上がりも華やかになりますよ。


①マフラーの端同士を結びます。

②【マフラー編】の1からの手順と同じです。

③完成です!

佐藤コメント:いつもは防寒用として使用しているため、オーソドックスな巻き方をしていましたが、

今回教えていただいた巻き方は、おしゃれなのに首もとも暖かく、驚きました。

マフラー2本使いも複雑そうに見えましたが、1度やってみると自分でも簡単に巻くことができました!

寒い日は、2本使いも活躍しそうです!!




寒い季節もおしゃれに乗り切る!

いかがでしたか?

今回3種類の巻き方を紹介させて頂きました。

皆様も是非、今回の巻き方で、

寒い冬もおしゃれに乗り切りましょう(^○^)




今後もMANARA withでは、毎日が少し楽しくなる美容の記事を定期的に配信できればと思いますので、是非遊びに来てください(^^)

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

go to TOP