~大公開!ホットクレンジングゲルが出来るまで~

ホットクレンジングゲルってどうやって作ってるの?

こんにちは。

MANARA with編集長の河村です!

皆様、普段お使いの製品について、

「どうやって出来てるんだろう?」

と思われることがあるのではないでしょうか??

そこで、製造についてのコラムを

シリーズで連載していきます!!

題して、「大公開!~マナラ製品ができるまで~」シリーズ!

初回は、ホットクレンジングゲル!

原料のチェック~釜へ投入

まずは、ホットクレンジングゲルの原材料の成分が

規定にあっているか厳しくチェックします!

そこから、それぞれの成分を量って

釜に投入していきます!

ホットクレンジングゲルを作るのに

使っている釜はなんと、2トン釜!

1つの釜から約10,000本分の

ホットクレンジングゲルができます。

釜の中の状態は、小さなのぞき窓でチェック!

チェック、チェック、チェックの繰り返し!!

中身が出来上がったら、チューブに入れる前に

一度工場とマナラ本社で中身のチェックを行います。

工場内でまず、品質検査を行い

本社でも、ゲルの

「やわらかさ」「あたたかさ」「伸びの良さ」「色」「香り」などを

確認しています。

この、中身のチェックは

製品開発部の重要な仕事です!

特に、柑橘系の香りは天然香料なので、

季節によって、かなり変化することがあるのです。

なので、製品開発部でしっかりチェックをしています。

品質検査をクリアしたら、充填!

お次はいよいよ、

ホットクレンジングゲルのチューブに

ゲルを詰めていきます!

その充填スピードはなんと!

10秒間に7本

速いですね~~~!!

かなり粘度の高いゲルなので、

チューブに詰めるときの圧力も、とても高いです!

その後、ギュッと封をします。

圧力をかける試験!?

チューブに詰める作業が終わったら、

不良品がないかのチェック!

一つひとつを手にとって、ひっくり返したり

機械で10kgの圧力を一時的にかけます。

また、この試験とは別に、ランダムで1時間に3本抜き取り、

チューブが破れないか、100㎏の力で1分間圧力をかける耐圧試験を行っています。

箱詰めして、ホットクレンジングゲルの完成!

品質検査をクリアした製品は、

一つひとつ箱に入れられていきます。

こうして、皆様が見慣れた

ホットクレンジングゲルが完成~~~!

さらに、最後に!

出来上がったホットクレンジングゲルは、

製品検体として本社に送られて

また、製品開発部により最終チェックされます!

いかがでしたでしょうか?

皆様が普段お使いのホットクレンジングゲルは

こんな風にして作られています!

また、他の製品も順次アップしていきますので

お楽しみにお待ち下さい!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ホットクレンジングゲルの詳しい製品説明はコチラ

go to TOP